大学受験大学偏差値情報(2)TOP > 全国情報関連学部偏差値ランキング

2017年 最新!
全国 国公立大学 情報関連学部 偏差値ランキング

<69~60>
名古屋大学[情報/国/愛知]66
筑波大学[情報/国/茨城]61

<59~50>

電気通信大[情理工/国/東]56
群馬大学[社会情報/国/群]54
静岡大学[情報/国/静岡]54
県立広島大[経営情報/公]54
静岡県立大[経営情報/公]53
九州工業大[情工/国/福岡]53
愛知県立大学[情報科/公]52
尾道市立大[経済情/公/広]51
長崎県立大[情シス/公]50

<49~40>

岩手県立大[ソフ情/公/岩]48
広島市立大学[情報科/公]48




岡山県立大学[情報工/公]47
高知工科大[情報/公/高知]47


2017年 最新!
全国 私立大学 情報関連学部 偏差値ランキング

<69~60>
慶應義塾大[環境情/東京]69
明治大[情報コミュ/東京]64
同志社大[文化情/京都]62
青山学院大[社会情/東京]60

<59~50>

関西大学[総合情報/大阪]57
立命館大学[情理工/京都]56
法政大学[情報科/東京]54
東京農業大[国際食情/東]53
専修大[ネットワ情/東京]52
工学院大学[情報/東京]50
東京都市大[メデ情/東京]50
金城学院大[国際情/愛知]50

<49~40>

千葉工業大[情報科/千葉]49
東洋大学[情報連携/東京]49
愛知工業大[情報科/愛知]49
愛知淑徳大[人間情/愛知]49
大阪経済大[情社会/大阪]49
甲南大学[知能情報/兵庫]49
東洋大学[総合情報/東京]48
文教大学[情報/埼玉]47
大妻女子大[社会情/東京]47
産業能率大[情マネ/東京]47
名城大学[都市情報/愛知]47
椙山女学園大[文情/愛知]46
大阪工業大[情報科/大阪]46
東海大学[情報理工/東京]45
金沢工業大[情フロ/石川]45
大同大学[情報/愛知]45
阪南大学[経営情報/大阪]45
福岡工業大[情報工/福岡]45
東海大学[情報通信/東京]44
神奈川工科大[情報/神奈]43
福井工業大[環境情/福井]43
静岡理工科大[総情/静岡]43
中部大学[経営情報/愛知]43
大阪電気通信大[総情/大]43
広島工業大学[情報/広島]43
東京情報大[総合情/千葉]42
岐阜聖徳学園大[経情/岐]42
岡山理科大[総情報/岡山]42
崇城大学[情報/熊本]42




沖縄国際大[産業情/沖縄]42
北海道情報大[医情/北海]41
流通経済大[流通情/茨城]41
駿河台大[メディア情/埼]41
多摩大学[経営情報/東京]41
明星大学[情報/東京]41
新潟国際情報大[情文化]41
大阪学院大学[情報/大阪]41
北海道情報大[情メデ/北]40
筑波学院大[経営情/茨城]40
城西国際大[経営情/千葉]40
千葉商科大[政策情/千葉]40
徳山大学[福祉情報/山口]40

<39~>
北海道情報大[経営情/北]39
尚美学園大[芸術情/埼玉]39
秀明大学[英語情報/千葉]39
諏訪東京理科[経営情/長]39
静岡産業大学[情報/静岡]38
四日市大学[環境情/三重]38
長崎総合科学[総情/長崎]38
稚内北星学園大[情メデ]37
新潟経営大[経営情/新潟]37
長野大学[企業情報/長野]37
名古屋文理大[情メデ/愛]37
上武大[ビジネス情/群馬]36
広島国際学院[情文化/広]35
広島文化学園[社情/広島]35
四国大学[経営情報/徳島]35
九州情報大[経営情/福岡]35

☆数値は、大手3大模試が発表したデータのおおむね平均値です。

☆国公立大は、昨年度前期試験データを基に算出しています。(前期試験のない学科は中期・後期試験)
☆※印は新設です。


大学ごとに入試情報をまとめてみました。早見としてご利用ください。


情報関連学部のある国公立大学 大学別入試情報(早見) 2017


情報関連学部のある私立大学(上位抜粋) 大学別入試情報(早見) 2017




その他、全国の大学偏差値をさまざまな区分で分類してみました。


2017年 全国 国公立・私立大学ランキング


2017年 全国 学部(学科)・キーワード別大学ランキング


2017年 7圏別大学偏差値一覧


2017年 47都道府県別大学偏差値一覧



<勉強法ワンポイントアドバイス>


午前中に勉強する習慣をつけるべし


大脳生理学によれば、起床後の脳が最も活性化した状能にあるそうです。

作業効率においても、朝の1時間は夕方以降の2時間に匹敵することが実験で実証されています。勉強に集中するのは、午前中が適していると言えるでしょう。

そのためには、規則正しく生活し、午前中に集中できる「生活リズム」を確立することがとても大切です。「生活リズム」の確立に最も効果的なのは、就寝時間と起床時間をしっかりと決めるということです。

集中できる時間帯である「午前中」を活用するには、乱れた生活リズムでは困難です。朝型中心の生活リズムを確立し、集中できる時間帯を有効活用して下さい。



続きはこちら・・・
受験勉強法100選