大学受験大学偏差値情報(2)TOP > 全国生物関連学部偏差値ランキング

2017年 最新!
全国 国公立大学 生物関連学部 偏差値ランキング

<59~50>
広島大[生物生産/国/広島]59
岐阜大[応用生物/国/岐阜]57
三重大[生物資源/国/三]54
福井県立大[海生資/公/福]53
福井県立大[生物資/公/福]53
島根大[生物資源/国/島根]53
石川県立大[生資環/公/石]52
秋田県立大[生物資/公/秋]51

<49~40>
徳島大[生物資源/国/徳島]49




2017年 最新!
全国 私立大学 生物関連学部 偏差値ランキング

<69~60>
日本大[生物資源科/東京]65
東京農業大[応生物/東京]60

<59~50>

近畿大学[生物理工/大阪]54
東京工科大[応生物/東京]50
東京農業大[生物産/東京]50
中部大学[応用生物/愛知]50

<49~40>

東海大学[生物/東京]48
岡山理科大[生物地球/岡]48
崇城大[生物生命/熊本]46




☆数値は、大手3大模試が発表したデータのおおむね平均値です。

☆国公立大は、昨年度前期試験データを基に算出しています。(前期試験のない学科は中期・後期試験)
☆※印は新設です。


大学ごとに入試情報をまとめてみました。早見としてご利用ください。


生物関連学部のある国公立大学 大学別入試情報(早見) 2017


生物関連学部のある私立大学 大学別入試情報(早見) 2017




その他、全国の大学偏差値をさまざまな区分で分類してみました。


2017年 全国 国公立・私立大学ランキング


2017年 全国 学部(学科)・キーワード別大学ランキング


2017年 7圏別大学偏差値一覧


2017年 47都道府県別大学偏差値一覧



<勉強法ワンポイントアドバイス>


午前中に勉強する習慣をつけるべし


大脳生理学によれば、起床後の脳が最も活性化した状能にあるそうです。

作業効率においても、朝の1時間は夕方以降の2時間に匹敵することが実験で実証されています。勉強に集中するのは、午前中が適していると言えるでしょう。

そのためには、規則正しく生活し、午前中に集中できる「生活リズム」を確立することがとても大切です。「生活リズム」の確立に最も効果的なのは、就寝時間と起床時間をしっかりと決めるということです。

集中できる時間帯である「午前中」を活用するには、乱れた生活リズムでは困難です。朝型中心の生活リズムを確立し、集中できる時間帯を有効活用して下さい。



続きはこちら・・・
受験勉強法100選