大学受験大学偏差値情報(2)TOP > 全国医学部偏差値ランキング

2017年
最新!全国 国公立大学 医学部 偏差値ランキング

<TOP 10>
東京大学[理Ⅲ類/国/東京]80
京都大学[医医/国/京都]78
大阪大学[医医/国/大阪]77
東京大学[理Ⅰ類/国/東京]75
東京医科歯科[医医/国/東]75
名古屋大学[医医/国/愛知]75
千葉大学[医/国/千葉]74
東京大学[理Ⅱ類/国/東京]74
京都府立医科大[医医/公]74
大阪市立大[医医/公/大阪]74
九州大学[医医/国/福岡]74





<73>
北海道大学[医医/国/北海]73
東北大学[医医/国/宮城]73
筑波大学[医医/国/茨城]73
横浜市立大[医医/公/神奈]73
山梨大[医医(後)/国/山梨]73
神戸大学[医医/国/兵庫]73
岡山大学[医医/国/岡山]73
広島大学[医医/国/広島]73

<72>
新潟大学[医医/国/新潟]72
富山大学[医医/国/富山]72
金沢大[医薬保医/国/石川]72
信州大学[医医/国/長野]72
岐阜大学[医医/国/岐阜]72
浜松医科大[医医/国/静岡]72
名古屋市立大[医/公/愛知]72
三重大学[医医/国/三重]72
山口大学[医医/国/山口]72
長崎大学[医医/国/長崎]72
熊本大学[医医/国/熊本]72
鹿児島大学[医医/国/鹿児]72
<71>
札幌医科大学[医/公/北海]71
群馬大学[医医/国/群馬]71
滋賀医科大[医医/国/滋賀]71
奈良県立医科大[医医/公]71
和歌山県立医科大[医/公]71
鳥取大学[医医/国/鳥取]71
愛媛大学[医医/国/愛媛]71




<70>
弘前大学[医医/国/青森]70
山形大学[医医/国/山形]70
福井大学[医医/国/福井]70
徳島大学[医医/国/徳島]70
大分大学[医医/国/大分]70

<69>

秋田大学[医医/国/秋田]69
島根大学[医医/国/島根]69
香川大学[医医/国/香川]69
宮崎大学[医医/国/宮崎]69
<68>
旭川医科大[医医/国/北海]68
福島県立医科大学[医/公]68
高知大学[医医/国/高知]68
佐賀大学[医医/国/佐賀]68
琉球大学[医医/国/沖縄]68


2017年
最新!全国 私立大学 医学部 偏差値ランキング

<TOP 10>
慶應義塾大学[医/東京]76
自治医科大学[医/栃木]73
順天堂大学[医/東京]73
大阪医科大学[医/大阪]71
昭和大学[医/東京]70
東京慈恵会医科大[医医]70
関西医科大学[医/大阪]70
近畿大学[医/大阪]70
国際医療福祉大[医/栃]69※
東京医科大学[医医/東京]69





<68>
東邦大学[医/東京]68
日本大学[医/東京]68
日本医科大学[医/東京]68
金沢医科大学[医/石川]68
久留米大学[医医/福岡]68
産業医科大学[医/福岡]68

<67>
東北医科薬科大[医/宮城]67
東海大学[医/東京]67
東京女子医科大[医/東京]67
愛知医科大学[医/愛知]67
兵庫医科大学[医/兵庫]67

川崎医科大学[医/岡山]67
<66>
岩手医科大学[医/岩手]66
北里大学[医/東京]66
帝京大学[医/東京]66
藤田保健衛生大[医/愛知]66

<65>
埼玉医科大学[医/埼玉]65
杏林大学[医/東京]65
聖マリアンナ医[医/神奈]65
<64>
獨協医科大学[医/栃木]64

☆数値は、大手3大模試が発表したデータのおおむね平均値です。

☆国公立大は、昨年度前期試験データを基に算出しています。(前期試験のない学科は中期・後期試験)
☆※印は新設です。


大学ごとに入試情報をまとめてみました。早見としてご利用ください。


医学部のある国公立大学 大学別入試情報(早見) 2017


医学部のある私立大学 大学別入試情報(早見) 2017




その他、全国の大学偏差値をさまざまな区分で分類してみました。


2017年 全国 国公立・私立大学ランキング


2017年 全国 学部(学科)・キーワード別大学ランキング


2017年 7圏別大学偏差値一覧


2017年 47都道府県別大学偏差値一覧



<勉強法ワンポイントアドバイス>


「もう終わり」と思ってから、あと5分粘るべし


勉強で大切なことは、最後のもうひとふんばり、最後のしぶとさです。もうダメだと思ったところからどれだけ頑張れるか。そこが合否の分かれ目になります。

最後のひとふんばりをつけるには、「あと5分頑張ってみる習慣」をつけるといいと思います。

「今日はここまでやった。もう休もう。」と思ったときから、あと5分頑張ってみるのです。「もう今日はダメだ。」と思ったところから、あともう1ページ、あともう一問解いてみるのです。

受験勉強は、もうダメだと思ったときからが勝負です。「もうできない。」「こんな問題は解けない。」と思って止めれば他の人と同じです。そこからどう頑張るかで「差」が生まれるのです。

一点差に泣くか笑うかは、いつもの勉強のラストから5分、最後の最後にふんばれる「ふんばり力」にかかっています。



続きはこちら・・・
受験勉強法100選