大学受験大学偏差値情報(2)TOP > 全国薬学部偏差値ランキング

2017年
最新!全国 国公立大学 薬学部 偏差値ランキング

<~70>
東京大学[理Ⅰ/国/東京]75
東京大学[理Ⅱ/国/東京]74
京都大学[薬/国/京都]72
大阪大学[薬/国/大阪]70
名古屋市立[薬(中)/公/愛]70
<69~60>
北海道大[薬(後)/国/北海]69
千葉大学[薬/国/千葉]68
九州大学[薬/国/福岡]68
岐阜薬科大[薬(中)/公/岐]67
岡山大学[薬/国/岡山]67
東北大学[薬/国/宮城]66
広島大学[薬/国/広島]66
熊本大学[薬/国/熊本]65
金沢大[医薬保薬創/国/石]64
静岡県立大学[薬(中)/公]64




長崎大学[薬/国/長崎]64
富山大学[薬/国/富山]63
徳島大学[薬/国/徳島]63


2017年
最新!全国 私立大学 薬学部 偏差値ランキング

<69~60>
慶應義塾大学[薬/東京]69
東京理科大学[薬/東京]66
北里大学[薬/東京]62
星薬科大学[薬/東京]62
立命館大学[薬/京都]61
近畿大学[薬/大阪]61





<59~50>
京都薬科大学[薬/京都]59
福岡大学[薬/福岡]59
明治薬科大学[薬/東京]58
大阪薬科大学[薬/大阪]58
昭和大学[薬/東京]57
昭和薬科大学[薬/東京]57
東京薬科大[薬・女/東京]57
東京薬科大[薬・男/東京]56
武蔵野大学[薬/東京]56
名城大学[薬/愛知]56
東邦大学[薬/東京]55
日本大学[薬/東京]54
同志社女子大学[薬/京都]54
神戸薬科大学[薬/兵庫]54
帝京大学[薬/東京]53
金城学院大学[薬/愛知]53
愛知学院大学[薬/愛知]52
摂南大学[薬/大阪]52
崇城大学[薬/熊本]52
国際医療福祉大[薬/栃木]51
帝京平成大学[薬/東京]51
横浜薬科大学[薬/神奈川]51
北海道医療大[薬/北海道]50
東北医科薬科大[薬/宮城]50
神戸学院大学[薬/兵庫]50
武庫川女子大学[薬/兵庫]50
<49~40>
城西大学[薬/埼玉]48
大阪大谷大学[薬/大阪]48
北海道薬科大[薬/北海道]47
高崎健康福祉大[薬/群馬]47
鈴鹿医療科学大[薬/三重]47
兵庫医療大学[薬/兵庫]47




広島国際大学[薬/広島]46
千葉科学大学[薬/千葉]45
福山大学[薬/広島]45
安田女子大学[薬/広島]45
松山大学[薬/愛媛]45
岩手医科大学[薬/岩手]44
奥羽大学[薬/福島]44
長崎国際大学[薬/長崎]44
城西国際大学[薬/千葉]43
就実大学[薬/岡山]43
新潟薬科大学[薬/新潟]42
日本薬科大学[薬/埼玉]40
北陸大学[薬/石川]40
姫路獨協大学[薬/兵庫]40
九州保健福祉大[薬/宮崎]40
<39~>
徳島文理大学[薬/徳島]39
徳島文理大[香川薬/徳島]39
第一薬科大学[薬/福岡]39
いわき明星大学[薬/福島]37
青森大学[薬/青森]35

☆数値は、大手3大模試が発表したデータのおおむね平均値です。

☆国公立大は、昨年度前期試験データを基に算出しています。(前期試験のない学科は中期・後期試験)
☆※印は新設です。


大学ごとに入試情報をまとめてみました。早見としてご利用ください。


薬学部のある国公立大学 大学別入試情報(早見) 2017


薬学部のある私立大学 大学別入試情報(早見) 2017




その他、全国の大学偏差値をさまざまな区分で分類してみました。


2017年 全国 国公立・私立大学ランキング


2017年 全国 学部(学科)・キーワード別大学ランキング


2017年 7圏別大学偏差値一覧


2017年 47都道府県別大学偏差値一覧



<勉強法ワンポイントアドバイス>


分からない問題はしばらく「無意識」に任せるべし


イギリスの哲学者バートランド・ラッセルは、何か難しい問題について書く必要があるときは、2~3時間それについて必死になって考えたあと、「地下へ行け!」と自分に命令し、すっかり忘れてしまう習慣を作ったそうです。

数日経ってこの問題にまた戻ってみると、スイスイと考えが進み、楽に解けるようになっていることが多かったと言います。

「地下」というのは無意識のことで、問題を意識から完全に消してしまっても、脳は無意識のうちに活動していて、問題解決へ導いてくれたと考えられます。

彼はこれについて、「私がこの技法を発見する前は、まるで考えが進まないことをクヨクヨしながら、同じ問題で数ヶ月を空費してしまうことがよくあった。いまでは無意識の方にまかせて、その間は他の事に努力を向けることができる。」と述べています。

受験勉強でも、よく考えることはとても大切ですが、あまりにそれに時間を取られては勉強がはかどりません。「分からない問題は後日もう一度考えよう。」ぐらいの気持ちでいると、「無意識」のうちに脳の理解が進んで、後日同じ問題に当たるとあっさりと解けることがあるということです。

試してみて下さい。



続きはこちら・・・
受験勉強法100選